よくある質問

Q:最近子ども食堂という言葉をよく聞くのですが、子ども食堂とは何ですか?

A:様々なとらえ方があると思いますが、2016年7月2日付朝日新聞朝刊での記載が説明として最もわかりやすいと思います。

~~子ども食堂とは(2016年7月2日付朝日新聞朝刊)~~

地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間発の取り組み。貧困家庭や孤食の子どもに食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まった。そうした活動は古くからあるが、「子ども食堂」という名前が使われ始めたのは2012年。最近は、地域のすべての子どもや親、地域の大人など、対象を限定しない食堂が増えている。食堂という形を取らず、子どもが放課後に自宅以外で過ごす居場所の中で食事を出しているところもある。

 

Q:子ども食堂は、貧困家庭や孤食の子どものための存在と聞くのですが、そうではない人も、南流山子ども食堂に行ってよいのでしょうか?

A:はい、南流山子ども食堂は、子どもも大人も、シニアの方も、大学生もどなたでも参加いただいて構いません。私たち南流山子ども食堂は、「食を通じて地域のつながりを高め、地域の、主に子どもたちに対してのセーフティネット」になれないかと思っています。大人が子ども食堂に来ることで地域の子どもの顔を覚え、何かのときに助けとなっていただけたり。こども食堂を通じて親同志が知り合いとなっていて、こどものための活動をする際によりスムーズになったり。そんな状態が生まれることを目指しています。

 

Q:南流山子ども食堂は、日曜日のランチしかやっていないのですか?

A:はい、現時点(2017年10月時点)では、不定期の月1回かつ日曜日ランチでの運営となっております。理由は、やろうと集まったボランティアスタッフが共働きの方が多く、現実的に土日での活動に限定されたこと、および、ボランティアの方たちと相談して、かけられるパワーの限界から月1回から始めよう、ということになりました。場所をお借りしており、抽選での決定のため不定期となっています。

様々な方とお話ししていると、「月1回かつ日曜日ランチの子ども食堂に、どれほどの意味があるのですか?」と厳しいご意見をいただくこともあります。実は、スタートする前、私たちも同じ問いに悩みました。でも、やると決断をしたのは「やらないよりはやったほうがいい」「やってみないと、地域の本当の課題に近づくことができない」から。私たちはまだスタートしたばかりです。今後やってみてわかったことから、活動内容を変えていくこともあるでしょう。地域のために最適な活動になるように模索してまいりますので、どうぞよろしくお願いしたします。

 

 

Q:南流山子ども食堂は、メニューはどうやって決めていますか?

 

A:子どもにウケがいいメニューにしているんですか?と聞かれることもありますが、私たちがメニューで一番大切にしているのは、栄養バランスです。ご寄付をいただいた野菜を中心にすえながら、栄養バランスを考え、メニューを決定していきます。低価格の外食や低価格のお弁当、ファストフードが手に入りやすい昨今だからこそ、栄養が整ったものを提供することを大事にしております。

 

Q:南流山子ども食堂の特徴は何ですか?

 

A:大きくは2点かと思っています。南流山センターの調理室という比較的大きな調理施設とボランティアの方の知見と寄付いただくお野菜をフルに生かした「栄養バランスのとれたメニュー提供」、日曜日開催かつこども食堂開催日に保育科の学生に来ていただいているため「子どもがいる方でもボランティアとして活動できる」。この二点から、誰でも参加しやすい、おいしい、元気になる、また来たくなる子ども食堂を目指しています。

 

Q:南流山近隣に、「子どもの貧困」状態に当たる方はいるのでしょうか?

 

A:もちろん、おられます。ニュースで言われておりますが、日本全体では子供の7人に一人が相対的貧困状態にあり、しかもそれが「見えない貧困」といわれています。私たちは地域のさまざまな方と情報交換を行ってきてわかってきたのですが、普通に生活していると「見えないため気づかない」ただそれだけです。南流山子ども食堂は、すべての方に参加いただきたいと思っております。あなたの住む南流山には、子ども食堂があります。ぜひお気軽に参加ください。